モチベーション

菊入みゆき著「会社がイヤになった」

「会社がイヤになった」というタイトルをみて、本書からどのような内容を想像するだろうか。少なくとも、自分は初めにタイトルをみて思い浮かべたことと、実際に本書に書かれていたこととはかなり違った。 本書では、20-60代の架空の社会人を例に、仕事にお…

釘原直樹著「人はなぜ集団になると怠けるのか」

本書は「社会的手抜き」という現象について書かれた本である。集団行動をするとサボる人が出てくる、ということが、「社会的手抜き」と名付けられ、また60年以上にもわたって研究の歴史があるとは全く知らなかった。そのため、とても新鮮に本書を読めた。た…

加藤雅則著「自分を立てなおす対話」

組織の中で理不尽な目に会うというのは、会社で生活していれば誰でもある程度直面することだろう。そうしたときにどのように対応していくべきか。それが本書のテーマだ。 ズバリ本書では、他者との対話を通して問題をほぐすことが重要だという。問題をほぐす…