伊賀泰代著「生産性」

 仕事の生産性を高めるというと、どうしてもコストの削減だったり、機械の導入による業務の効率化などを思い浮かべがちだと思います。それは確かに一理あるんだけども、それだけでは、生産性を高めるということの一面しかみえていません。この本で著者は、その見落としがちな側面について、深く述べています。そもそも生産性とは、投入したリソースに対するリターンの割合である、という根本的なところからはじめて、コストの削減だけじゃなく、商品の付加価値を増加させるような改善やイノベーションが重要である、と。また、生産性の改善というのは、商品を製造する部門だけではなくて、企業のどの部門でも行われるべきものであると、著者は強調します。こうした考え方は、徐々に広まっているものの、日本の企業ではまだまだ広がりが不十分だとも言及しています。良い成果が出るのならどれだけ時間をかけても良い、のではなく、必要以上に時間がかかってしまい良い成果が出たのなら、それはまだ未熟な証拠だ、という捉えかたは非常に大事ですね。